CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2006年3月Archive

hat

060331.jpg

今年の春夏は初めて帽子を作ってもらいました。
もともと帽子は好きで、よくかぶっていたのですがある時期からすっかりかぶらなくなってしまいました。会社に勤めている時に室内でかぶっていて注意をされてから・・・?
ずーっとかぶっていられる場合は良いのですが、脱いだ後の髪型も結構気になるものです。
前回、合同展示会に出展されていたCOUVRIR(クーヴリール)という帽子屋さんのブースで全体にステッチが敷き詰められた素敵な帽子を発見!一目惚れして、ぜひうちの生地で作ってもらえないかとお願いしてみました。広めのブリムはどこか女らしく優しい印象です。 冬の帽子も防寒という意味では必需品ですが、夏の帽子も陽ざしが日一日と眩しくなっていくこれからのシーズンに欠かせない物です。帽子自体に存在感がありますので何か物足りないようなコーディネートの時にプラスしてみると効果的です。
(*写真はCOUVRIRさんのオリジナルです)

cinema

060324.jpg

久しぶりに映画に行ってきました。
『かもめ食堂』、わざわざ邦画を見に映画館に行ったのは何年ぶりだろう・・・?何となく新聞のコーナーで取り上げられていたのを目にして"見たいなー!" と思ったのがきっかけです。小林聡美をはじめとするキャストが個性的なのとヘルシンキが舞台なのから想像してちょっといいかも!?って。ほぼ期待通りの内容でした。シンプルで素朴で、 色々あるんだけどみんな淡々としていてどこかほっとする。やっぱりどんな映画を見に行っても、仕事がら登場人物が着ている洋服が気になってしまうのが常です。ちょっとレトロな雰囲気の小花柄のブラウス(リバティー??)に同じく花柄のエプロン。鮮やかで大胆なマリメッコのコートドレス。スカートをはいた大きなお尻のおばさんたちの妙にかわいい後ろ姿。なんてことない日常を描いているだけなのですが見終わった後にふわっと心が暖まるような作品でした。影響を受けやすい私がその日の夜に肉じゃがとシャケを焼いたのは言うまでもありませんが・・・。

change

060317.jpg

暖かくなったり、真冬に戻ったり・・・
なかなか春は素直に訪れてくれないようです。そろそろ順番に冬物を片付けていかないとあとあと大変。と、もう着ないだろうローゲージのセーター、ウール混の厚手の裏毛など、洗濯しました。自分の商品には念の為ドライクリーニング表示を付けている物でも、個人的にあの独特の臭いが苦手で結構手洗いしてしまいます。(ただし縮まない保証はありません!念のため。)いつも衣替えの時期になると『去年は何着てたっけ?』 と首をかしげるのですが、改めて去年まで着ていた服を引っ張りだし、今年のものと組合わせて思いがけずしっくりきた時は、何だかとっても得した気分になります。この仕事を始めて5年もたつと、引き出しの中身の8割以上がpebbleの服になってしまって・・・。 自分の商品を着ることは大切だと思っていますが、よその服を買って違いを実感することもいろんな意味で勉強になります。これから少しずつ春物に入れ替えて行く作業も面倒くさい反面、ちょっと楽しかったりもします。 !

walk

060310.jpg

先週末、久しぶりの晴天。かねてより行きたかったところに出かけました。一件めは今春夏から商品を置いていただいているお店。こじんまりとした店内にはところ狭しと商品が並べられ、お店の方は『せまくてねぇ-』と言われていましたが、私、結構こういうの嫌いじゃないなー。アクセサリーやら小物やら洋服やら、宝箱をひっくり返したみたいな・・・。もう一件は同業の人が週末だけオープンしている隠れ家のようなお店。ウィークデイはそこは仕事場に早変わりというのも何だかほほえましくて・・・。駅から徒歩15分と決して便利な場所ではないのですが、初めての散歩道は結構発見があって退屈知らず。あっという間に着いてしまいました。HPでチェックしていた麻のストールを購入。話のついでに同業者であること、共通のお客さんがいること等を告げると思いのほか話がはずみ、お茶までごちそうになり、小一時間長居してしまいました。一人でやっていると行き詰まることもあり、こういう同じ立場の人と話せる機会は本当に貴重で、励みになります。帰り道は妙にうれしくて、駅までの足取りも軽やかでした。
*productsにはElsによるプリントシリーズ part 2アップしました。

spring

060303.jpg

今日はひな祭りです。
実家には立派な段飾りの雛人形がありましたが、もちろんそんな物を今の家に置くスペースがあるはずもなく、ずいぶん前に母からもらった土鈴雛を今年は久しぶりに出してみました。ふくよかな表情の素焼きの人形は、あらためて見ると色使いなどなかなか繊細でよく出来ています。テレビの上にちょこんと置いておけるサイズも二重丸。振るとからからと素朴な音をたてるのもなんだか和みます。春物商品も本格的に立ち上がってきていよいよ春到来といったところでしょうか。そういえば先日、友人が言っていた 『確定申告が終わると春が来たという感じがする・・・』といった現実的な言葉にも妙にうなずける気がします。productsにはスラブ糸(太さにムラがある糸)で編んだ軽やかな 素材のカットソーをアップしています。早く暖かくな~れ!!