CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2006年11月Archive

subscription

061124.jpg

来春の商品の予約会を行うお店が何件かあるようです。
以前に、「顧客の方を招待してそういう会をやろうと思うのですがタイミングとしていつ頃が良いですか?」と聞かれた事があります。この時期だと言うまでもなく、とっくに工場さんには数量をお知らせして生地を発注し、下げ札、ネームの手配は終わっているのですが、1~2枚の追加なら生地さえあれば可能です。要するには裁断が終わってなければ良いわけです。10月末に発注した生地が今ようやく上がり始めています。1月納期のものは一部裁断にも取りかかっています。縫製段階に入るとサンプルも縫製見本として工場さんに渡ります。予約会をしたお店からまた少し追加発注が入り、お役に立てたようでよかったなと思いました。

*お知らせ*
12/1(金)18:00~20:30、12/2(土)12:00~18:00 の2日間、渋谷のpebbleアトリエ兼事務所でサンプルセールを行います。場所等詳しい事は、contactからメールでお問い合わせください。

touch

061117.jpg

先週、今週と秋冬の素材展がいくつかありました。
春夏の展示会が終わったばかりなのに、もう秋冬!?毎度の事ながらぐるぐるまわる季節の早さには驚くばかり・・・。ニットにしてもカットソーにしても、相変わらず私の気になるものと言えば、ウールにリネンやラミーを、アルパカやカシミヤにコットンをブレンドしたりしているちょっとドライな感触。でも、どこかカジュアルな雰囲気をもったちょっとやさしいもの。次回の素材もどんなかたちにしようかーいろいろと楽しみです。まだまだ、先のこと・・・なんて思っているとあっという間に来てしまいます。これからの時期は年末年始の休みを挟んでいる慌ただしさも相俟って、1月に盛夏の展示会、2月には秋冬の合同展という二つのシーズンのほぼ同時進行で頭が軽ーくパニック状態になります。

renovate

061110.jpg

京都に行ってきました。持つべきものはフリーの友人・・・旅のとも。
寺町二条で骨董屋を営む友人と長めのランチをしてから、小さなお店が点在する三条界隈を散策。前回京都に行った時は大原に泊まったので、街巡りはほとんどしなかったけど、こんなにいろいろなお店があるなんて知りませんでした。古い町家や倉を生かして改装したいい感じのお店がいっぱいあった。あと、古い洋館とか。東京にあるブランドと同じお店でも随分違って見えるの・・・。細長いお店の奥まで行くと突然空が見えたり。翌日はちゃんと京都らしくお寺にも行きました。欲張らず二つだけ。仁和寺と龍安寺。紅葉には少し早いけれど、そんな事はどうでもよく仁和寺がとても良かった。優雅でフェミニンで・・・贅沢な時間。

polite

061103.jpg

先日あるクリーニング店からメールが来ました。一枚の写真とともに。
何か商品のクレームかな?と初め思ったのですが、"写真の商品の釦がクリーニングの際、破損しまったので同じ釦を送って欲しい"という主旨のものでした。ずいぶんと前の商品のように記憶していましたが、2004年の春夏のものでした。あいにく手元に同じ種類の釦がなかったのですぐに手配をしたのですが、この丁寧な対応に少し驚きました。うちの近くのクリーニング屋さんなんて、ワイシャツの貝釦が取れたりするとプラスティックの釦を適当に(しかもサイズが多少違っていてもおかまいなし)付けてきたりします。気に入らないので、うちでもう一度ちゃんとした貝釦に付け替えるのですが・・・
わざわざメールアドレスを調べて問い合わせてきたクリーニング店にも感心しましたが、3年前の麻のニットをきちんとクリーニングに出して、丁寧にお手入れして下さっているお客様にも感謝です!