CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2007年5月Archive

knot

070525.jpg

Bunkamuraでやっている『モディリアーニと妻ジャンヌの物語展』に行ってきました。
モディリアーニは好きな画家の一人で、多分中学時代の美術の教科書か何かで見たのが最初だと思います。私の場合は特に美術史に明るいわけでもないし画家についての詳しい知識もないので『好き』というのはただ単に見て『いいなぁー!好きだなー!』と思うだけのことなのですがー。今回はモディリアーニの作品だけでなくその妻ジャンヌの作品も数多く展示されていました。私の好きな素描がたくさんあったのが見ててとてもうれしかった。今回、妻に関しては初めていろいろな事が明らかになったらしく、今まで世の中に出ていなかった彼女の作品も数多く展示されていました。妻との出会いから関係が深まり、短い生涯を閉じるまで経過を追って二人の作品が展示してあり、お互いに影響を受けながらも独自の作風が確立されるまでがよくわかりました。なんか、すごく感動してしまった・・・。

humid

070518.jpg

先週の続きになっちゃうけど。
浅草橋の革屋さんに頼んでいたバッグのハンドル部分が早くも届きました。"5月の末くらいにはなんとか上げられるでしょう・・・。" といまいち自信なさげに言っていたのに、なんて早い!そして偉い!こうやって改めて量を見ると結構あるなーという感じです。これらを全部自分のところで裁断し、穴をあけていたらさぞかし大変だっただろーなー。ほんと、加工まで頼めて良かった~。せっかくたくさんのオーダーをいただいたのですから、少しずつ丁寧に作っていこうと思います。まだ時間もあることだしね。がんばろっ!と。革を一枚(牛一匹分!?)買った事になるので残った革もいっしょに送っていただいたのですが、さてこの革で何ができるかなー?

*お知らせ*
5/25(金)18:00~20:30、5/26(土)12:00~18:00
の2日間、渋谷のpebbleアトリエ兼事務所で春夏物のサンプルセールを行います。場所等詳しい事は、contactからメールでお問い合わせください。

manufacture

070511.jpg

展示会の集計も終わり、結果はともあれ気持ち的にはほっと一息。
今回いつもよりも型数が減ってしまった為に、受注のばらつきは比較的少なかった中でもプリントのシリーズはまあまあ、良かった方なのかな??中でも、生地ロットの足しにでもなればいいかな、と軽い気持ちで作ってしまったバッグに結構オーダーがつきました。まあ、自分で作ればいっかーと思っていたので、工場さんに見積りを取る事なくアバウトで決めてしまった上代が、意外にリーズナブルだったという事でしょうか・・・?サンプルはハンズで買ってきた革のハンドルをつけていたのですが、量産分となるとここでは割高!早速、浅草橋の革屋さんに出向き、ほぼ同じ材質の物を見つけ、裁断と穴明けの加工まで依頼する事が出来ました。これだけでも随分助かります。まあ、あとは少しずつやっていくしかないですねぇ~。以前にも自分で作って展示会にかけたものに限って受注がたくさん入ったという経験はありましたが、世の中って結構そんなもんなんですねー!