CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2007年12月Archive

fly

071228.jpg

最近、家の近所の川付近でかもめが見られるようになりました。
横浜だから・・・と言ってもうちはどちらかというと山側で、海から5kmくらいはあるのに不思議です。初め鳩かと思ったけど鳴き声が " キー、キー " とうるさいし、よく見たらかもめでした。でも小さくてかわいい!去年行ったフィンランドのヘルシンキでも本当にたくさんのかもめを見ましたが、みんなカラスみたいにでっかくてふてぶてしい。近づくのも少しこわい感じでした。橋のすぐ上の電線に行儀よく並んだ様は、何か微笑ましくて、色のせいか美しく感じます。さて、今年もいよいよ終わりです。一年があっという間です。そして毎年、何かやり残した事があるようでいけません。かもめのように真っ白な清々しい気分で新年を迎えたいものです。

*お知らせ*
12/30(日)~1/6(日)までお休みをいただきます。そのためお問い合わせ等に対する返答が7日以降となりますのでご了承ください。
newsの更新は11日からを予定しております。
皆様、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致します。

restless

071221.jpg

まさに師走、という言葉を肌で感じる慌ただしさ。
毎年の事ながらこの時期は忙しさもピークに達する気がします。しかも、年末押し迫っての三連休。天皇陛下を恨んでも仕方がないのですが・・・ね。そして来年は皆、一月初めの一週間はお休みな上、すぐにまた、三連休。春物の立ち上がりの納期もずれる可能性大でとても心配です。クリスマス気分もままならないうちに、有馬記念に沸く人だかりを通り過ぎて(仕事場がJRAに近いので)、今年もまた、仕事に向かう事になりそうです。

handmade

071214.jpg

今年もクリスマスカードを出す季節になりました。
先日、自由が丘をぶらぶらしていたらフェアトレードのお店を見つけました。
最近よく耳にするこの『Fair trade』という言葉ですが、実際にお店に行って商品を見たのは初めてです。洋服からアクセサリー、バッグなどの服飾小物やステイショナリー、雑貨、おもちゃまでかなり品揃えの幅は広くて結構見応えがありました。洋服などはやはり野暮ったいかんじのものが多いのですが、小物などは探せば使える物もありそうです。今年のクリスマスカードはここで購入しました。インターネットが普及した今、年賀状同様クリスマスカードを郵送する人も少なくなってきたようですが、私は数があまり多くない事もあって年に一度のこのイベントを楽しんでいます。

remains

071207.jpg

年数を重ねるに連れて色々な持ち越しの材料が増えていきます。
残糸、残反、等々。こういう物はなるべく使うようにしているのですが、きれいになくなる事がないのが悩みの種です。シーズンが始まる前には、出来るだけ工場さんの倉庫をチェックしに行くようにしています。そして、もう一度次に使おうという生地、申し訳ないけど処分してもらう生地とに分けてきます。『エコ』という言葉を頻繁に聞くようになった昨今、やたら捨てるのも罪悪感にさいなまれます。手元にある残糸も要チェックです。これらの事を頭に入れた上で次の企画にとりかからないと・・・。で、問題。化学繊維を使わない私にも石油の高騰は無縁ではなかったんですね。うすうす予感はしていたんですが、生地屋さんがなかなか秋冬物の生地値を出してくれません。生地を染める、蒸す、などの行程にエネルギーとして石油は不可欠。当然染め代も値上がりするみたい。ウールの値段も結構上がっているって言うし、・・・来秋冬がこわい。