CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2008年11月Archive

broadcast

081128.jpg

朝、仕事場に来てメールをあけてびっくり。
いつもはたいして来ていない『ウェブサイトからの問い合わせ』がたっくさん!どうやら、26日の夜放映された番組で内田恭子アナがうちのニットを着ていたらしいー。そんな番組も知らなかったし、もちろん着ていた事も知らなかった。うちからプレスはかけていないので心当たりの御取引先のお店に問い合わせてみたら、やはりそこから貸し出していただいてたみたい・・・。ほんと、ありがたいことです。でもねぇ~、なかなかタイミングって難しいものなのです。そのニットは9月に出荷した商品で、結構動きが良かった、って聞いてた商品だから店頭にも在庫はないだろうし、うちにもないのです。もう11月も終わりですものねぇ。それにしても、テレビの力ってすごい!てことを再認識した出来事でした。

season

081121.jpg

だいたい今の時期になると、サンプルがてんこ盛り。
展示会が終わった来春夏のサンプルと生産が終わって工場さんから戻ってきたサンプルがダブルでこの狭い仕事場に存在することになる。ハンガーを空けなければ次のサンプルが上がってきてもかけるところがない・・・。というわけで物減らしのサンプルセールとなるわけです。ここで少しでも物量を減らしてスペースをつくるのが主たる目的。同時に、来春夏のサンプルも修正したパターンと一緒に縫製見本として工場さんに送るのでぐぐ~っとスペースが空くのです。本来ここできれいな仕事場になるはずなんだけどな~??

*お知らせ*

11/28(金)18:00~20:30、11/29(土)12:00~18:00の2日間、渋谷のpebbleアトリエ兼事務所でサンプルセールを行います。場所等詳しい事は、contactからメールでお問い合わせください。

geometric

081114.jpg

道を歩いていても目につくものは柄、柄、がら。
まあ、いつもの事ですが、その時に考えている次の企画が、特に悩んでいる時なんかは仕事場を離れてもず~っと頭から離れません。今は来秋冬のプリントの柄とか刺繍の柄を考えているので、電車の中で人の洋服を見ても、建物の壁なんかを見ても、やたら柄物が目につくわけです。年内とか年明け早々にサンプル着分の生地を上げようと思ったら今月中くらいに柄の依頼をしなくちゃいけない・・・。ちょっと、幾何学っぽいのがなぜか気になるんだなぁ。あと迷彩とかね~。個人でやっていると誰かのジャッジを仰ぐことなく好き勝手に決められるのはとてもありがたい事だけど、会社にいる時はほとんど気にせずに済んでいたミニマムロットというのが必ずひっかかる。ま、色々と一長一短なのです。

religion

081107.jpg

生きがいとは何か・・・?という事を考えさせられてしまいました。
この映画、だんなさまを亡くした田舎町に住むおばあちゃんが、ひょんな事をきっかけにまた、若い頃の夢を追いかけ始める、というお話。このおばあちゃんがまわりの人を刺激して巻き込んで、みんな新しい事にどんどんチャレンジするようになって。『もう歳なんだから~、』と反対されてもあきらめないし、全然気にしない。強い!なんかそういうのってすばらしい!年齢にかかわらずやっぱり夢を持って、何かに向かって一生懸命なひとって素敵です。きらきらしてて。で、ふと省みた。私の場合は・・・?