CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2009年7月Archive

change

090731.jpg

こんなこともできるんです。
レース屋さんのサンプルを前に見せてもらった時、モヘアで作ってあったこんなモチーフがとても気になっていた。来春夏に向けてコットンでできないかとお願いして、できてきたのがこれ。ウールとは全く別の印象の素朴な雰囲気にあがってきて結構気に入っている。何を作ろうか、あれもこれもと色々欲張っていると、どんどんアイテムが増えて収拾がつかなくなってきちゃう・・・。なんか、ほっこりしたかわいいのができるといいのだがー。

afford

090724.jpg

今回は余裕だわ~?
秋冬の2度目の展示会を今年はお休みしたので、春夏に向けてじっくり企画を練って、トワルもみっちり取り組んで・・・とりあえずは充電の為にも海外に行きそしてゆっくり映画三昧、なんて思っていたら、もう7月も終わってしまうじゃないの。時間はたっぷりあると思っていたのに~。速い、速い!!映画はこの辺でやめときましょ、と思ったけど、これは見たかったので。そ、これでしばらくは行きません!『それでも恋するバルセロナ』すっごく楽しい映画でした。軽快な音楽にのって繰り広げられる軽快なコメディー。バルセロナも行きたい!でも、もうしっかり仕事します!

reception

090717.jpg

またまた、隠れ家という表現がぴったりな・・・。
先日、お客様のところのショップが移転されて、そのリニューアルのレセプションパーティに招待していただいたので、少しだけ顔を出してきました。せっかく友人に頼んでかわいいお花を用意して行ったのに写真に残すのを忘れてしまった~!前のショップも原宿と渋谷の中間ぐらいの古いアパートの3Fの一室というロケーションだったけど、今回も1Fとはいえ外からは全く見えない扉の向こう側。余計なお世話だとわかっていてもお客さんちゃんと来るのかしら・・・?とちょっと心配。ともあれ、相変わらずセンスの良い予想通りの素敵なお店。古いものや新しいものが混在するオーナーの趣味のあふれる小さなお部屋という感じ。うらやまし!

*お知らせ*

今週より少しずつproductsに秋物(晩夏物から)の商品を紹介していきますのでそちらも是非ご覧下さい。

memory

090710.jpg

懐かしい記憶。
川崎市市民ミュージアムで行われている『ハービー山口写真展 PORTRAITS of HOPE 』に行って来た。学生時代(だったと思うけど・・・?)話題になったことがあったので、写真展や写真集は見たことがある。その時印象的だったのはモノクロームのミュージシャンのポートレート。先日、ふと電車でこの写真展のポスターを目にして、懐かしさから行ってみようかな~と。5部構成になっていた中で、いいなと思ったのは『代官山17番地』と題した、今はなき同潤会代官山アパートを解体されるまで取り続けたシリーズ。生活感があふれているのにどこかおしゃれでノスタルジーに満ちている。自分が知っている風景だけにとても懐かしく思えた。
新しいビルが建ってしまうと、かつてそこに何があったかなんてすっかり忘れてしまう。よくぞ残してくれました、と感動。

birthday

090703.jpg

本当に時が経つのは早いもの・・・。
昔の会社時代の友人(スイマセン、上司でした。)が長年居た会社を辞め、別のアパレル会社の雑貨部門を立ち上げる・・・と聞いたときはびっくりしたけど、その時からはや15年。先日、青山のMaduでアニバーサリーパーティーがあり行ってきました。今や店舗数も増えて随分立派になったけど、その頃はお店の奥のストックルームが事務所兼で、お店に遊びに行くと奥からひょいっと出て来てくれたっけ・・・。15年って言ったら産まれた子が高校生になっちゃうよね~、なんて話しながら懐かしい面子とも会うことが出来、思い出話に花が咲いた。ワイングラスを片手にあっという間の一時間。招いてくれた本人とはあまり言葉を交わせなかったけど、とても楽しいひとときでした。