CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2010年6月Archive

stage

100625.jpg

何だか寝不足気味・・・。
今回は秋冬の2回目の展示会もやるし、合同展にも出る予定だから早めに生地を依頼したら、もうS/Sのプリントが上がって来た。冬のサンプルもこれからなのに。のんきに構えていたらだんだんお尻に火がついてきた。やることてんこ盛り!なのにここんとこのワールドカップ。日頃サッカーに特に興味があるわけでもないけど、連日連夜放送されているとついつい見てしまう。早いのは間に合わないから、23時からのを見始めるてしまうと結局寝るのが1時過ぎ。7時間寝たい人にはちょっとつらい。で、仕事中眠い。効率低下。悪循環。。。

gene

100618.jpg

最近、出不精の私にしては良く出かけています!
東京都現代美術館でのフセイン・チャラヤン展。やっぱり見とかなきゃ~ってことで友人と行ってきた。私の中では特に好きなデザイナーっていうわけでもなく、ちょっと他のお洋服のデザイナーとは物事の視点が違ってるな・・・っていう印象を持っていた。この人はたまたま表現しているものが洋服だっていうだけでファッションっていうくくりに入れてしまって良いのかな・・・?って感じ。好きだったのはテーブルがスカートになったりする2000年のコレクション。展示の内容はとても興味深かった。遺伝子とか科学とかそういうレベルから着目して、それを洋服に落とし込むって凡人の私には考えられないけれどなんかものすごく魅せられるものがあった。20日までだったから間に合って良かったな~!

progressive

100611.jpg

良くはれた気持ちのいい週末。
六本木はミッドタウンに行って来た。実ははじめて!なかなか用がないと行かないもの。先週、友人とランチをしたカフェに置いてあったチラシを見てちょっと行ってみようという気になったのは『世界を変えるデザイン展』っていう方だったんだけど、そのあとついでに寄った21_21 DESIGN SIGHT でやっていた『post fossil』という企画展の方がおもしろかった。Li Edelkoortディレクションによるデザイナーやアーティストの紹介。もっと奇抜な感じかと思ったら意外にもそうでもなかった。やはり何のジャンルに置いてもこれからはエコとか環境とか自然回帰とかそういったテーマは不可欠の様で使用している素材がおもしろかった。こんなものまでも工夫次第で作品の材料になるんだ・・・、と感心することしきり。

wonderland

100604.jpg

やっと見に行きました。Alice in wonderland
平日だったけど、レディースデイだったので結構混雑してた。どうせだったら・・・と思ってそういうの普段あんまり見ない人なんだけど3Dの方で見て来た。もちろん字幕。これぞファンタジーって言う世界。不気味かわいいというかあり得ないけどなんか不自然じゃないというか。ティム・バートンてやっぱり不思議。全然関係ないけど、館内の空調が悪くて汗をかきながら見てたせいかだんだん気持ち悪くなってきて、でも途中で出るのもくやしくてしばらく眼鏡を外して休憩してた。
内容はそんなに深いわけじゃないけど映像が凝っててすごいっ!て感じ。あ、Alice役の女優さんと Aliceのお洋服もかわいかった!