CLICK PEBBLE NEWS ARCHIVE

2011年6月Archive

notice

110624.jpg

パリに行くと何処かしらは必ず行く蚤の市。
私の場合は、バイヤーさんのように買ってきたものを売るわけではないのでただの物見遊山。
クリニャンクールに行くよりもヴァンヴの蚤の市の方が程よい広さで好きかな~。朝いちで行って昼前に帰るのにはちょうど良い規模。飽きっぽい私が飽きずに見られる!今回買ったのは古いレースの端切れ二種と小さなシルバーメッシュのがま口。チェーンを通せるような丸カンが付いているけど、必ずと言っていいほどチェーンは付いてない。この手のがま口はよく蚤の市で見かけるけど本来何に使っていたものなのかなぁ~?声をかけるもお店のおじさん達はカードに夢中!盛り上がっていてなかなか気付いてくれない・・・。

pot

110617.jpg

その名もズバリ『鍋』という名のレストラン。
一人旅もいいけど、ちょっと寂しくなるのが夕食の時。その点今回は、何日かは夕飯を一緒に食べる約束をかわしていたので良かった。友人の娘さんが『ここはどう・・・?』と事前にガイドブックで目星をつけておいてくれた、エッフェル塔の近くのレストラン。メニューの大半がStaub のココット鍋で出されるという『les cocottes』というお店。カジュアルにアラカルトで好きなものを選べるので量が多すぎることもなく、遅めの時間におやつを食べてしまった胃袋にはちょうど良かった。デザートまでいけなかったのが残念!写真をマメに撮る習慣がない故に、いつものことながらお料理の写真を撮っておけばよかった...と食べ終わった後に思うのですねぇ~。

view

110610.jpg

たまには観光もいいもんでしょ?
パリ二日目、ドイツに住む友人with娘さんと合流。観光客で混み合うシャンゼリゼ通り"Laduree"で久しぶりのおしゃべりに花を咲かせつつお約束のマカロンをほおばる。その後、凱旋門に上った。観光でしょ、これは、間違いなく観光!!パリには何回も来たことがあるが凱旋門に上るのは初めて。ま、こんな機会でもなければ...と同行してみた。真っすぐに伸びるシャンゼリゼ通り、透き通る青空。気持ちまで伸びやか!

transit

110603.jpg

迷っていたけど、急遽ニ週間前になって決めたので何だかばたばたのうちの出発となった。
パリだけじゃあせっかく時間をかけて行くのにもったいない気がして、もう一都市立ち寄ろうと旅行代理店に一番安いヨーロッパのエアラインを尋ねるとフィンエアだと言われた。なのでヘルシンキ経由でパリに入り帰りにヘルシンキに立ち寄ることにした。が、乗り継ぎの便がいい具合になくヘルシンキで四時間も待つことに...。さすがに長く成田で買った文庫本一冊、読み終わってしまった。待ち時間50分で一本前のパリ行きがあったのだが、それは無理だったんだろうか...?パリのホテルに着いたのは22:30過ぎ。随分長旅をした気分だった。